2007年06月13日

HD DVDが「“勝った”とはいいませんが、圧勝」と聞いてワンダーしています。

「Blu-ray Disc」対「HD DVD」という世界で最もどうでもいい紛争が続いていますが、ここで新たな局面を迎えました。

東芝、新HD DVDレコーダを発表。国内シェア7割へ
−実売15万円から。「BDに勝ったとは言わないが、圧勝」

 藤井社長は、「HD DVDは60%、BDが40%。台数的には低次元な争いですが、5月にはHD DVDが7割に迫っている。この状況で、なぜBDが勝ったといえるのか。正直なところ真意がどこにあるのか、ワンダーしている」とコメント。さらに、「ヨーロッパは圧勝している。スタジオやオーサリング会社、量販店のエコシステムが出来ており、HD DVDのファンが想像以上に増えている。(BDのように)“勝った”とはいいませんが、圧勝の状況です」と北米、欧州の好調な販売実績を強調した。

まあ誰もが思うことと思いますが、「“勝った”とはいいませんが、圧勝」という発言こそワンダーです。さすがくたたん。いやいや違った。これはくたたんではありませんよ!くたたんならもっと先にいるはずです。くたたんなら俺の隣で寝てるよ

また一つ前の段落にあるのですが、
 さらに、北米市場で4月から実施しているキャンペーンの好調さをアピールし、プレーヤーの累計販売台数が15万台を超えたと報告。299ドルという戦略的な価格でHD DVDプレーヤーを販売し、4〜7月にはHD DVDビデオ作品も多く投入するなどの積極的な展開により、ゲーム/ゲーム周辺機器を除いた次世代ディスクプレーヤーの販売シェアは、4月に66%を記録したという。

ってことは我らがPS3は数値に含まれてはいないわけで。これでどうして圧勝と言えましょう。どれだけPS3が売れてなくたって、BD陣営に貢献しているはず。たぶん。あ、あまりに少なくてシェアに影響を及ぼしていないのかな。だんだん自信がなくなってきました。

そもそも次世代ディスクプレーヤー買うくらいなら、地デジチューナー内蔵のDVDレコーダー買ったほうがよっぽど役に立つしね。まだビデオデッキ使っている人はDVDレコ買ったほうがずっと幸せになれるよ!

話がそれました。HD DVD陣営が圧勝と言ってもまだまだ勝負はついていません。PS3ならDVDのアプコンも出来るし、ついでにゲームも出来るし、プレーヤーとしてならどのプレーヤーにも負けていません。負けていないはず。

と言うわけで、BD陣営のためにもPLAYSTATION3を買ってあげてください。
タグ:PLAYSTATION3
posted by please-buy-ps3 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | PLAYSTATION3 | このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。